リリーブログ
Lily Blog & Information

トップページ>ブログ>28年度最後の投稿~

2017.03.26

28年度最後の投稿~

前回引き続き、製本機の紹介になります。

糊付け機、丁合機ときたので最後に折り機を紹介したいと思います。

折り機は主に2つ折り、巻き3折り、4つ折りができ注文に合った

折り方で折ります。

折り方によってローラーの間を通る紙の厚さが変わるため、折る前の

1枚分の厚さ、折った後の2枚分の厚さとなるようローラーに

紙を挟めていきます。

2つ、3つ折りの場合は折り機とプレスユニットを直線上に繋げ

紙が真っすぐ出て来るようにします。

また、スジやアジロの指定場合はスジローラーに刃を取り付けます。

4つ折り、2つ折りアジロの場合にはプレスユニットを

横に繋げなければいけません。(写真1)

途中までは2つ折りと同じなのですが、4つ折り、2つ折りアジロの場合は

紙の真ん中を折る必要があるためローラーから直線状に流れて来る紙を

一度止め、ナイフと呼ばれる機械上部についている細い板状の鉄で

横に流す必要があります。

ベルトからすごい勢いで流れて来る紙を

センサー付きの金具が1度受け止め、センサーを通過すると

上からナイフが下り横に流れる仕組みです。

この時に

紙の幅、跳ね返り防止のブラシ、ナイフの下りる位置を合わせないと

紙がセンサーを通らなかったり

真ん中が折らさらないので合わせる必要があります。

 

後は2つ、3つ折りの時と違い1度止めて横に流すため

直線が2万回転に対して横は1万4千回転ほどにしないと

紙と紙との隙間が無くなり角が折れてしまったり

、ローラーに詰まってしまうので

メモリを合わせ調整しなければなりません。

以上で折り機の主な機能と説明でした。

他にも製本室には機械があるのですが今後もし

委員に入った方で、載せたい人がいれば任せたいと思います。

人生初のブログで何を載せればいいのか分からず頭を悩ませたり

途中でメンバーが退職され2~3人減ったりしましたが、

なんやかんやで一年投稿し続けられたので

29年度の委員会の方々には会社の話題で今よりももっと面白いブログが

投稿される事に期待します!!

株式会社白ゆり|教育、印刷、Web   〜教育と情報伝達の仕事を通して社会に貢献します。

上にまいります♪