リリーブログ
Lily Blog & Information

トップページ>ブログ>平昌オリンピック

2018.02.20

平昌オリンピック

こんにちは。

広報委員―塾教育部のKです。

 

平昌オリンピック真っ只中ですね!

あまりオリンピックには興味が無かったのですが、何気なく見ていた「カーリング」にハマってしまいました!

「ダーツみたいな感じで、ストーンの場所によって点数が決まるんでしょ?」なんていう、間違ったイメージしかありませんでした。

 

「氷上のチェス」と呼ばれているだけあって、知れば知るほどハマります。

みなさんご存じなのかもしれませんが、簡単にルール説明を。

・1チーム4人

・1エンド(野球でいう1回)に、両チームの4人が交互に2投ずつなげる(全16投)。

・10エンド終了時の総得点で勝敗が決まる。

・最後に円(ハウス)の中心に一番近いストーンを置いたチームだけが得点。

・そのエンド負けたチームの一番中心に近いストーンより、さらに中心にあるストーンの数だけ得点となる(ここがポイント)。

・後攻が圧倒的に有利なので、得点した次のエンドは得点できなかったチームが後攻となる(ここがポイント)。

・そのエンドが、円(ハウス)内にすべてのストーンが無くなった状態で終わったら「ブランクエンド」となり、先攻後攻が入れ替わらず次のエンドとなる(ここがポイント)。

 

調べてみると、先攻は相手に1点取らせてエンドを終わらせれば上出来らしいです。もちろん先攻で得点(スチール)できればなお良いのですが。後攻は1点しか取れないならブランクエンド(双方無得点)にして複数点取れるまで後攻をキープするのが良いようです。

 

にわか知識なので間違っていたら申し訳ありません。

さらに細かいルールもあるので、興味のある方はぜひ調べてみてください。

ちなみに、ブラシでゴシゴシこすっているのは滑りやすくする為だそうです。

株式会社白ゆり|教育、印刷、Web   〜教育と情報伝達の仕事を通して社会に貢献します。

上にまいります♪